2017年04月

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: キドクラッチ(神奈川県) 2017/04/08(土) 10:18:53.79
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170405-00000060-sasahi-ent&p=1

    「けものフレンズ」がネットで20~40代に受け入れられた理由〈AERA〉

    3月末に最終回を迎えた深夜アニメ「けものフレンズ」で多用された“やさしい”言葉がツイッターにあふれている。背後に何があるのか。

    「わーい!」「すごーい!」「たーのしー!」「あなたは○○なフレンズなんだね!」

     2月、普段は殺伐としたツイッターのタイムラインが、こんな“やさしい”ツイートであふれかえった──。

    ●人間の世界は失われた

     女の子の姿をした動物「アニマルガール」と迷子の子が、巨大な動物園を旅する物語だ。ツイッターなどネットを中心に徐々に盛り上がり、ニコニコ動画での初回の再生回数は450万回を超えるヒットとなった。
    「若者に問題の全てを押しつけて、上の世代が逃げ切ろうとしているのが今の日本。若い人は未来がないし、日々泥のように働いている。

    そんな中で重いテーマや問題提起を投げかけられるハードなコンテンツにはうんざりしている。彼らは最悪な現実をわかっているからこそ、まったりとした日常を描くアニメに癒やされる」

    だが、やさしさが溢れるファンタジーだけではリアリティーがない。そこで、

    「エンディングで廃虚の映像が流れますが、ここから、実は人間の世界はすでに失われたという深読みができる。『けものフレンズ』は、実はディストピアものの作品でもあるんです」

    img_titlemenu
     

    【「けものフレンズ」が20~40代に受け入れられた理由 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 白夜φ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/04/07(金) 01:24:54.04
    【4月6日 AFP】霊長類の中で人間に最も近い種のオランウータン、チンパンジー、ボノボなどの大型類人猿は、人間と同じように、他者が間違った考えを持っているのを見分ける能力があるとの研究論文が5日、発表された。
     
    米オンライン科学誌プロスワン(PLOS ONE)に掲載された論文によると、大型類人猿は、物の在りかについて思い違いをしている他者を進んで手助けするという。
     
    独マックス・プランク進化人類学研究所(Max Planck Institute for Evolutionary Anthropology)のダビド・ブテルマン(David Buttelmann)氏は「類人猿が思い込み(誤信念)というものを理解して他者を適切に助けることを示したのは、今回の研究が初めてだ」と述べた。
    --- 引用ここまで 全文は引用元参照 ---

    ▽引用元:AFPBBNews 2017年04月06日 09:50
    http://www.afpbb.com/articles/-/3124094
    orang-utan-801913_640

    【オランウータンなど類人猿に他者の誤り見分けて助ける能力】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: のっぺらー ★ 2017/04/05(水) 18:23:19.03
    神戸市立須磨海浜水族園(須磨区)で、国際自然保護連合のレッドリストで「準絶滅危惧種」に指定されている
    シノノメサカタザメの幼魚の公開が始まった。

    誕生後約半年で、同園によると、国内で飼育に成功した例はほとんどないため、幼魚が見られる機会は貴重という。

    シノノメサカタザメは、紅海やインド洋などに生息するエイの仲間。
    公開される幼魚は体長は1・05メートル、体重13・6キロで、成長とともに薄れていく白い斑点もまだくっきり観察できる。
    成長すると体長2~3メートル、体重135キロ程度の大きさになる。

    高知県の宿毛湾の入り口で昨夏に捕獲された母親(愛称コマメちゃん)が同園の水槽で昨年9月29日に出産。
    これまでは餌付けや健康状態のチェックのため、バックヤードで飼育してきたが、順調に育っていることから公開が決まった。

    本館1階の水槽で5月7日まで。
    同園飼育教育部の寺園裕一郎さんは
    「特徴である体の斑点と黒い筋の模様は、幼魚の時の方が鮮明で、この時期に見てほしい」と話している。

    写真:展示が始まったシノノメサカタザメの幼魚
    no title


    以下ソース:YOMIURI ONLINE 2017年04月05日 14時47分
    http://www.yomiuri.co.jp/science/20170405-OYT1T50034.html

    【名はサメだがエイの仲間…国内で貴重な幼魚公開 神戸市立須磨海浜水族園】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: のっぺらー ★ 2017/04/05(水) 22:30:11.94
    釧路市の沿岸に流氷が漂着し、同市の千代ノ浦漁港では市民や観光客が大勢、見物に訪れている。
    一方、漁業者は、成長の始まっている沿岸のコンブが流氷に削り取られる被害を心配している。

    釧路では、陸から流氷が見える「流氷初日」が3月22日、9年ぶりに観測された。
    釧路地方気象台によると、今年の流氷初日は観測を始めてから最も遅く、
    4月に入っても流氷が観測されるのは33年ぶりという。

    沿岸への漂着は3月29日頃からで、はぐれ氷とみられる。
    同漁港には公園もあり、見物には格好の場所だが、流氷に乗り移る人もいたため、
    釧路総合振興局は4月2日、水辺に近づかないようロープを張った。

    釧路海上保安部も
    「氷は緩んでいて割れやすい。海水温はまだ低く、海中に転落すると危ない」と注意を呼びかけている。

    一方、9年前の流氷漂着時には、沿岸のコンブに被害が出た。
    釧路市東部漁協は「まだ流氷があり、調査にも出られない。長くなるほど被害も拡大する」と危惧している。

    写真:海岸に打ち寄せた季節外れの流氷
    no title


    以下ソース:YOMIURI ONLINE 2017年04月05日
    http://www.yomiuri.co.jp/hokkaido/news/20170405-OYTNT50076.html

    【4月なのに釧路に流氷…コンブの被害懸念】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: のっぺらー ★ 2017/04/05(水) 20:56:58.96
    寿司ネタでもおなじみ、高級食材のウニに異変が起きている。
    産地では、ウニが多すぎて漁師が頭を悩ませているという。
    何が起きているのだろうか。

    ■三陸の海で起こった異変

    都内のウニ料理専門店でお造りに使われていたのは、北海道産のキタムラサキウニ。
    キタムラサキウニは、大ぶりで身が崩れにくく甘みが強いという。
    4月の後半からは、三陸産のキタムラサキウニが入ってくるという。

    実は今、このキタムラサキウニをめぐり、三陸地方である異変が起きている。
    宮城県・南三陸町の歌津漁港を訪ねた。
    一体、海の中で何が起きているのか。
    特別に船に乗せてもらいその現場へと案内してもらうことができた。

    去年5月に撮影された海中の映像では、
    水深10メートルほどの海底に、大量のウニが生息していることが確認できる。
    これらはすべてキタムラサキウニで、大きさは3~7センチほどだという。

    ■津波で海の環境変わった

    なぜ大量発生しているのか。歌津支所青年部・千葉さんによると「震災と津波」だという。
    津波で海が変わったのだ。

    東北大学大学院・吾妻行雄教授も、津波の影響で海の環境がガラリと変わったことや、
    ウニの天敵となるヒトデなどが流され、いなくなったことなどが原因とみている。
    ウニの大量発生で、地元ではうれしい悲鳴かと思いきや―

    no title


    以下ソース:日本テレビ 2017年4月5日 19:22
    http://www.news24.jp/articles/2017/04/05/07358266.html

    【津波影響か?三陸で「ウニ」大量発生】の続きを読む

    このページのトップヘ