このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: まはる ★ 2017/04/10(月) 07:28:21.73
    一度でも自転車に乗ったことがある人ならば、「なんでもっと簡単に、しかも速く走ることができないんだろう?」と思った事があるはずだ。

    しかし、楽に走れる電動アシスト自転車も、速く走れるロードバイクも高価だ。
    さらには、メンテナンスが比較的大変であることも悩ましいものである。

    そんななか、海外では速くて安くて自転車なのかも危うい“電動自転車”が発表されたようだ。

    電動アシストで最高速度は48キロ

    その電動自転車は『Wave Electric Bike』というもので、海外のクラウドファンディング『Indiegogo』にて出資を募っている。

    あらかじめ言わせていただくと、この電動自転車は日本の公道を走ることが出来ないが、
    機能面では革新的ともいえるスペックを備えているので、是非紹介させていただきたい。

    まずこの『Wave Electric Bike』は、リアタイヤの上にバッテリーが積まれており、ペダル付近にキーを差し込むことによりバッテリーが始動する。

    メーター部分ではバッテリーの残量確認や、ライトの点灯、アシストの有無や強さが選べる。

    モードを強くすればペダルをこがなくても走ってしまう“アシスト”とも呼びがたいモードに入り、その際の時速はなんと最高48キロにまで到達。
    バッテリーも4時間ほどでフル充電になるという。販売価格は499ドルと、非常に安値で販売されている。

    速い電動自転車のデメリット

    「こんなに速くて安い電動自転車を、何故日本で使うことが出来ないのだろう?」と思ってしまうが、事故の際のリスクを考えれば慎重にならざるを得ない。

    万が一、歩行者に衝突してしまったら当然自転車以上の衝撃が伝わり、転倒してしまったら乗っている人は「自転車で転んでしまった」というレベルじゃ済まないことになるだろう。

    このことから、もし日本で発売されるようなことがあっても、仕様が変わったり、自転車扱いではなくなってしまう可能性が高い。

    この『Wave Electric Bike』は日本での発売の望みは薄いが、海外では大人気だ。
    現在希望額の4倍以上の出資を得ており、製品化に向けて順調なスタートを切ったといえるだろう。

    将来、日本でもこのような“速い自転車”に乗れる環境が整ってくれることを祈るばかりだ。

    https://youtu.be/jbn5mXFrcSU



    http://nge.jp/2015/04/24/post-102548

    【最高速度48キロってもはやバイク!? でも値段は世界最安レベルの「電動自転車」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: クロスヒールホールド(兵庫県) 2017/04/09(日) 18:25:01.80
    道が、管理する6つの空港の収支を調べたところ、平成27年度は、そべての空港で赤字でその総額は10億円あまりにのぼりました。
    道によりますと、道が管理する女満別、中標津、紋別、奥尻、利尻、礼文の6つの空港の平成27年度の収支は、すべての空港で赤字でした。
    各空港の赤字額は、紋別が最も多く2億6900万円、利尻が2億3900万円、中標津が2億3700万円、女満別が2億1500万円などとなっていて、6つの空港の赤字の総額は1
    0億6000万円に上りました。
    また民間企業の会計方法を用いて計算したところ、女満別空港が営業収益は3億円あまりと6つの空港で最も多いものの除雪などにかかる営業費用も多かったために赤字も8億1500万
    円と最も多くなりました。
    女満別空港をめぐっては、一括民営化を目指すために道が資産調査を行いましたが、設備投資や路線の誘致にかかる費用などのため、民営化後も収支は赤字になる見通しだとしています。
    http://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20170409/5401311.html

    【先生助けてっ!北海道ちゃんが息してないのっ!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 32文ロケット砲(愛媛県) 2017/04/09(日) 14:41:00.77
    【ワシントン=加納宏幸】米太平洋軍のハリス司令官は8日、寄港先のシンガポールからオーストラリアに向かっていた
    原子力空母カール・ビンソンを中心とする第1空母打撃群に対し、北上を命じた。
    米海軍第3艦隊(米カリフォルニア州サンディエゴ)が発表した。
    朝鮮半島周辺で活動し、核開発・ミサイル開発を続ける北朝鮮の挑発に備える狙いがある。

     ミサイル駆逐艦2隻とミサイル巡洋艦1隻が含まれ、北朝鮮によるさらなる弾道ミサイル発射に対応する。
    海軍は「空母打撃群はオーストラリアへの寄港をとりやめ、西太平洋で第3艦隊の作戦統制下に置かれる」としている。

     第1空母打撃群は1月に母港のサンディエゴを出港し、西太平洋に展開。南シナ海で活動し、海上自衛隊と東シナ海で共同訓練を実施。
    韓国や周辺海域での米韓両軍による定例の合同野外機動訓練にも参加し、オーストラリアへの訪問を予定していた。

     これに関連し、トランプ米大統領は8日、韓国の黄教安(ファン・ギョアン)大統領代行と電話会談し、
    米韓同盟の強固さを再確認するとともに、北朝鮮情勢をめぐり緊密に連絡を取り合うことで一致した。

    http://www.sankei.com/world/news/170409/wor1704090012-n1.html

    【原子力空母カール・ビンソンを中心とする米空母機動部隊が朝鮮半島に向け北上を開始】の続きを読む

    このページのトップヘ